ウエダ印刷株式会社 利用規約

ウエダ印刷株式会社 利用規約

 

 第1条(通則)

  1. ウエダ印刷株式会社(以下、「ウエダ印刷」という)が運営するウェブサイトにおいて提供するサービス(以下、「本サービス」という)の利用について、以下のとおり、ウエダ印刷利用規約本則(以下、「本則」という)を定めます。

また、本サービスのご利用において、本則とは別に、個別の規約(その他ウエダ印刷が本則を補完するために設けるガイドライン、ルールを総称して「個別規約」という)が存在する場合、個別規約は、本則と一体となって一つの規約(以下、「本規約」という)を構成します。

お客様が、本サービスをご利用になるには、本規約を承認していただく必要があります。

なお、本則と個別規約が抵触する場合は、個別規約が優先して適用され、その他の部分については、本則と個別規約が同時に適用されるものとします。

第2条(定義)

  1. 本則において、次の用語は、次の各号に定める意味で用いるものとします。

  (1)「利用者」とは、本則を承認のうえ、本サービスを利用する(本サイトの閲覧も含みます)個人または法人・機関・団体(以下、「法人」という)を指します

  (2)「商品」とは、印刷物、加工などの物品、権利、デジタルコンテンツおよびサービスを総称していいます

  (3)「コンテンツ」とは、本サービスに含まれるイラスト・写真素材、原稿データ入稿用のテンプレート、本サイトのコンテンツ、文章、画像、動画、プログラム、商標、広告等を指します

  (4)「知的財産権」とは、著作権、特許権、実用新案権、商標権、意匠権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、またはそれらの登録等を出願する権利を含む。)を指します

第3条(本規約の適用および変更)

  1. 本規約は、ウエダ印刷と利用者の間の一切の関係に適用されるものとします。
  2. ウエダ印刷は、利用者に個別の了解を得ることなく本規約を変更できるものとし、当該変更内容を本サイトに掲載することにより、直ちに発効するものとします。

第4条(本サービスの利用資格および条件)

  1. 利用者は、本規約に同意し、自己の責任において本サービスを利用するものとします。
  2. 利用者は、過去、現在または将来にわたって、暴力団等の反社会的勢力に所属せず、これらのものと関係を有しないものとします。
  3. 利用者は、ウエダ印刷が本サイトのコンテンツの表示制御にCookie(クッキー)およびJavaScript(ジャバスクリプト)を使用することに了承するものとします。
  4. ウエダ印刷は、本サービスの利用において、利用に際して条件を付すことができるものとします。

第5条(本サービスの変更および一時停止、廃止)

  1. ウエダ印刷は、利用者に事前の予告なく、本サービスの内容やデザインを変更できるものとします。
  2. ウエダ印刷は、下記の各号のいずれかに該当する場合は、利用者に事前の予告なく、本サービスの一部または全体を一時停止または廃止できるものとします。

(1)本サービスを提供するために必要なシステム環境の定期的または緊急的なメンテナンスを実施する場合

(2)ウエダ印刷の責に帰すべき事由か否かに関わらず、システム環境または通信回線等に支障が発生した場合

(3)利用者からのアクセスやサービス利用が集中するなど、ウエダ印刷の対応範囲を超える場合

(4)火災、停電が発生した場合

(5)地震、洪水、津波、噴火等の天災地変が発生した場合

(6)戦争、暴動等が発生した場合

(7)個人情報の漏洩などのセキュリティ事故が発生した場合

(8)その他、ウエダ印刷が本サービスの運営が困難と判断した場合

第6条(個人情報の取り扱い)

  1. 本サービスの利用においてウエダ印刷が知り得た利用者の個人情報については、利用者が別に定める個人情報保護方針に従って取り扱われるものとし、利用者はこれに同意するものとします。
  2. ウエダ印刷のカスタマーサポート電話窓口では、利用者への応対品質とサービスの改善につなげるため、通話を録音させていただく場合があります。

第7条(知的財産権)

  1. 本サービスに含まれるコンテンツに関する知的財産権は、ウエダ印刷または当該コンテンツを制作および提供した著作者もしくは著作権者に帰属します。
  2. 利用者は、コンテンツの知的財産権を有するウエダ印刷または第三者から明示的に承諾を受けた場合を除き、本サービスの利用以外のいかなる目的であってもコンテンツ(一部または全部に関わらず)を利用し、または第三者の利用に供することはできないものとします。

第8条(禁止事項)

  1. ウエダ印刷は、利用者の行為が、下記の各号のいずれかに該当する場合は、本サービスの一時停止または利用契約の解除をすることができます。

(1)本規約に違反する全ての行為

(2) 法令または公序良俗に反する行為、または恐れのある行為

(3) 暴力的要求行為または反社会的行為、または恐れのある行為

(4)ウエダ印刷および第三者の知的財産権などの権利を侵害するなど行為、または恐れのある行為

(5)ウエダ印刷および第三者の名誉や信用を毀損する行為、または恐れのある行為

(6)ウエダ印刷のサーバーまたはネットワークに著しく負荷をかける行為

(7)コンピューターウィルス等を使用する行為

(8)本サービスの運営を妨害する行為、または恐れのある行為

(9)上記各項に定める禁止行為に関与する行為、助長する行為

(10)その他、ウエダ印刷が不適当と判断する行為

第9条(利用者の責任)

  1. 利用者は、本サービスの利用に関連して、ウエダ印刷に損害を与えた場合、ウエダ印刷に対して、その一切の損害を補償するものとします。

2.利用者は、本サービスの利用に関連して、第三者からのクレームを受けた場合および当該第三者との紛争に発展した場合、自己の費用と責任において、これを解決するものとします。

第10条(非保証・免責)

  1. ウエダ印刷は、本サービス内容等の変更または一時停止や廃止を実施したことによって、利用者に損害が生じた場合でも、一切の責任は負わないものとします。
  1. ウエダ印刷は、コンテンツの正確性、適法性については、一切保証しないものとし、利用することによって発生した損害に対して、一切の責任を負わないものとします。
  1. 利用者は、本サービスの利用にあたり、自らデータをバックアップするものとし、ウエダ印刷は、利用者が、自らバックアップしなかったことにより被った損害・損失に対して、一切の責任を負わないものとします。
  1. ウエダ印刷は、利用者が第三者の名誉や信用を毀損したり、知的財産権などの権利を侵害したりして発生した紛争・損害等に対して、一切の責任を負わないものとします。

  2. 本サービスに関連して会員が被った損害・損失に対して、ウエダ印刷は故意または重過失による場合を除き、一切の責任を負わないものとします。

第11条(専属的合意管轄裁判所)ウエダ印刷と利用者との間で訴訟の必要が生じた場合、大阪地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第12条(準拠法)

本規約の成立、効力発生、解釈にあたっては日本法を準拠法とします。

2018年08月09日 制定・施行

2018年08月09日 制定・施行

■ご注文規約

第1条(通則)

  1. 株式会社ウエダ印刷(以下、「ウエダ印刷」という)は、ウェブサイト、(以下、「本サイト」という)およびウエダ印刷が本サイトを通じて提供するサービス(以下、「本サービス」という)でのご注文について、以下のとおり、ご注文規約(以下、「本則」という)を定めます。 また、本サービスのご利用において、本則とは別に、個別の規約(ウエダ印刷利用規約、個人情報保護方針を含み、その他ウエダ印刷が本則を補完するために設けるガイドライン、ルールを総称して「個別規約」という)が存在する場合、個別規約は、本則と一体となって一つの規約(以下、「本規約」という)を構成します。 利用者

第2条(定義)

 1.本則において、次の用語は、次の各号に定める意味で用いるものとします。

(1)「利用者」とは、個別規約に承認のうえ、本サービスを利用する(本サイトの閲覧も含みます)個人または法人・機関・団体(以下、「法人」という)を指します

(2)「商品」とは、印刷物、加工などの物品、権利、デジタルコンテンツおよびサービスを総称していいます

(3) 「コンテンツ」とは、本サービスに含まれるイラスト・写真素材、原稿データ入稿用のテンプレート、本サイトのコンテンツ、文章、画像、動画、プログラム、商標、広告等を指します

(4) 「知的財産権」とは、著作権、特許権、実用新案権、商標権、意匠権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、またはそれらの登録等を出願する権利を含む。)を指します

第3条(本規約の適用および変更)

  1. 本規約は、ウエダ印刷と利用者の間の一切の関係に適用されるものとします。
  2. ウエダ印刷は、利用者に個別の了解を得ることなく本規約を変更できるものとし、当該変更内容を本サイトに掲載することにより、直ちに発効するものとします。

第4条(商品のお申込み)

  1. 本サービスにおける商品のお申込み(以下、「ご注文」という)は、本サイト上において所定の手続きによって受け付けるものとします。
  2. ウエダ印刷は、利用者に対して「ご注文完了」のメール送信をもって、ご注文受付を完了し、この時点で商品個別契約を成立させ、「ご注文日」を確定するものとします。
  1. 前項において受付が完了した当該ご注文に関し、ウエダ印刷からの通知または連絡があった場合は、当該ご注文を行った利用者が責任をもって確認・対応するものとします。なお、ウエダ印刷は、第三者からの当該ご注文に関するお問い合わせについて、個人情報保護方針に規定する例外的開示を除き、原則と

第5条(原稿データの入稿)

  1. 利用者は、原稿データの入稿が必要な商品をご注文の場合は、サービスごとに定める方法に従って入稿するものとします。複数の商品をまとめてご注文の場合は、商品個別に対象となる原稿データをご用意ください。
  1. ウエダ印刷は、入稿された全ての原稿データを審査(以下、「入稿審査」という)することができ、入稿審査の結果、下記の各号のいずれかに該当し、または該当する恐れがあると判断した場合は、入稿受付の完了後・ご注文の成立後であっても、当該原稿データの修正および再入稿の依頼または入稿審査不合また、入稿審査不合格の場合の理由について、ウエダ印刷はこれを開示する義務は負わず、また、入稿審査不合格の措置についてウエダ印刷は一切の責任を負いません。

(1)第三者の知的財産権、その他一切の権利を侵害するものである場合

(2)公序良俗に反するものである場合

(3)その他、本サービスを提供するのに不適切であるとウエダ印刷が判断する場合

  1. 入稿審査合格は、ウエダ印刷が、原稿の内容の表現等について法令等に違反しないことを保証するものではありません。
  2. お客様が作成し、入稿頂いたデータの著作権はお客様、もしくは製作者様に帰属し、ウエダ印刷に著作権が移動することはありません。
  3. ウエダ印刷は、ユーザーから入稿頂いた印刷用データは当該注文を作成する目的にのみ使用し、製品納品後10営業日以降に印刷用データを廃棄することが出来ます。また、原則、利用者から入稿頂いた印刷用データを第三者に公開、貸渡、譲渡することはありませんが、ユーザーが関わる何らかの刑事事件が発

第6条(性表現を含む原稿データについて)

  1. 利用者は、刑法175条に抵触する「わいせつ図画」を含んだ原稿データは、利用者の責任において適法性を確保できるレベルまで修正を行った上で入稿するものとします。
  2. 利用者は、成人を対象とするべき性表現を含んだ原稿データは、18歳未満の未成年が閲覧しないよう、「18禁」「成人向け」等の対策を施した上で入稿するものとします。
  3. 「刑法175条」「児童ポルノ法」等の法規制に抵触する内容を含む原稿データは入稿しないものとします。

第7条(原稿データの完全性の保証)

  1. 利用者は、原稿データについて、ウエダ印刷が定める入稿ガイドラインに適合し、原稿の内容に前条第3項に挙げる表現等が含まれないこと(以下、これらの要件を完全に満たす原稿データを、「完全データ」という)を入稿前にチェックするものとし、その完全性について保証するものとします。
  2. ウエダ印刷は、完全データについて、補充的にチェックを行うことがありますが(以下、「データチェック」という)、データチェックによって、原稿の完全性や、原稿の内容の表現等について法令等に違反しないことを保証するものではありません。また、データチェックは、入稿受付から24時間以内の完了を目標としていますが、それを保証するものではなく、それによって利用者に発生した損害に対して、ウエダ印刷は一切の責任を負わないものとします。(※ウエダ印刷ではお客様からご入稿頂いたバーコード及びQRコードの外部機器に対しての読み取り確認は行っておりません。お客様自身でご確認頂き、完全
  3. データチェックの結果、利用者の入稿した原稿データに、入稿ガイドラインと適合しない部分やその他ウエダ印刷が修正の必要があると判断する箇所(以下、「データ不備」という)を発見した場合、当該データ不備の修正および修正した原稿データの再入稿を依頼することができ、利用者が再入稿する場合の入稿日は、再入稿日を基準として再計算されるものとします。その際に利用者へ行う通知は、ウエダ印刷がその時点において妥当と考える方法を選択できる。

第8条(決済代金の入金)

  1. 利用者は、ご注文に対してサービスごとに定める方法に従って決済するものとします。
  2. 決済代金は、下記の各号のいずれかに該当する場合、ご注文後でも金額が変動する場合があります。 決済代金が変動前よりも高くなった場合は、利用者へ通知し、差額分について所定の方法で請求させていただきます。 また、決済代金が変動前よりも安くなった場合は、利用者へ通知し、差額分については返金処理させていただきます。この返金処理に関する振込手数料は、利用者の都合による変動であった場合は、利用者が負担するものとする。

  (1)ご注文後に、ウエダ印刷の見積もりが必要となる場合
  (2)ご注文後に、利用者の都合によってご注文内容を変更する場合
  (3)ご注文後のデータチェックにおいて、原稿データとご注文内容に不一致があった場合
  (4)その他、ウエダ印刷の止むを得ない事情により金額の変動が生じる場合

第9条(ご注文の成立等)

  1. ウエダ印刷は利用者に対して「ご注文確定」のメールを発信し、このメール発信をもって、当該商品のご注文について商品個別契約を成立させ、「ご注文日」を確定するものとします。
  2. 商品個別契約の成立前に限り、ウエダ印刷の定めに従いキャンセルをすることができるものとします。 この場合、既に決済代金が入金されていた場合は、その入金金額をウエダ印刷の定める方法にて返金処理します。なお、返金にかかる振込手数料は、利用者の負担とします。 また、ウエダ印刷は、データチェック等の事前作業を完了していた場合、個別に規定する作業代金を利用者へ請求できるものとします。 商品個別契約の成立(ご注文日の確定)後は、利用者はいかなる理由があっても、キャンセルおよび解除をすることは出来ません。この場合において、ウエダ印刷は利用者より既に受領した決済代金を返還
  3. 商品のご注文日より、1週間以内に商品個別契約が成立しなかった場合、ウエダ印刷が別途認めた場合を除き、利用者によるご注文はキャンセルされたものとみなします。 なお、ウエダ印刷は、キャンセルにより利用者に何らかの損害が生じた場合でも、一切の責任を負いません。また途中キャンセルにかかる送
  4. ウエダ印刷は、利用者が本規約第5条第2項または第6条に該当し、ウエダ印刷が注文に応じられないと判断した場合は、製造工程進行後であっても、商品個別契約を取り消すことができるものとします。この場合において、ウエダ印刷は利用者より既に受領した決済代金を返還する義務を負わず、入金の確認ができていない決済代金があれば、利用者は不足分を速やかにウエダ印刷へ入金するものとします。また、ウエダ印刷は、商品個別契約の成立前であっても、
  5. 決済代金が支払われ、個別契約が成立していたとしても、出荷日より1週間を経過して利用者が商品をお受け取りにならなかった場合、ウエダ印刷は利用者がその商品の所有権を放棄したものとみなし、ウエダ印刷の判断でその商品を処分できるものとします。

第10条(商品の価格表記)

  1. 商談の中での商品及び加工の価格は、消費税の税抜き価格を表記しています。

第11条(商品の配送)

  1. 商品の配送先は、日本国内の住所に限るものとします。
  2. 利用者は、配送される商品の荷受人が利用者自身と異なり、かつ、ウエダ印刷が荷主として発送する場合、当該配送先の荷受人へ事前に説明し、了承を得るものとします。
  3. 商品の配送先変更の受付は、商品個別契約の成立までとします。
  4. ウエダ印刷の商品は、一部地域を除き、ウエダ印刷と契約を締結した配送会社の責任において、利用者へ配送します。ウエダ印刷は、配送会社の配送遅延について、一切の責任を負いません。配送にかかる事項は、配送会社が定める約款に従うものとします。
  1. 利用者は、予期できない天候の変化、その他の天災地変および不慮の事故等(以下「天災地変等」といいます)により、商品の損傷・滅失が発生してしまった場合、ウエダ印刷は改めて製造を行いますが、この場合の遅延について、あらかじめ了承するものとします。
  1. 利用者は、天災地変等により商品の配送が不可能となった場合、ウエダ印刷の判断により、前項の対応を採らず、利用者の購入申込のうち天災地変等にかかる商品につき、キャンセルとする場合があることを、あらかじめ了承するものとします。

第12条(配送料等の負担)

  1. 商品等の配送料は、利用者負担となります 原則としてウエダ印刷が指定する運送会社にて着払い発送となります。

第13条(商品の検収・交換等)

  1. 利用者は商品の到着日より1週間以内に商品を検査し、検収することとします。
  2. 本サービスは受注製造品の為、利用者の都合による商品の返品および交換はできません。
  3. ウエダ印刷は、品質管理について万全を期し、良品のご提供に最善を尽くしますが、ウエダ印刷が到着した商品の品質について疑義のある場合、当該商品と梱包材の一式を保存した状態で、当該商品の到着日より1週間以内に、ウエダ印刷へ良品との交換を申し出ることができるものとします。ただし、下記の

  (1) 当該商品の到着日より1週間を超えて経過した場合

  (2) 当該商品の一部でも使用した場合

  (3) 当該商品への加工など、出荷時の状態から商品に変更を加えた場合

  1. ウエダ印刷が商品状態を確認する必要があると判断した場合、利用者に当該商品の返送を依頼できるものとします。この場合、ウエダ印刷に瑕疵が無い場合の配送料は利用者が負担するものとします。
  1. 下記の各号に該当する場合を除き、ウエダ印刷が当該商品を不良品と判断した場合、良品と交換するものとします。この場合、原則として同一商品との交換となります。

  (1)当該商品の状態が、ウエダ印刷の基準範囲内であった場合

  (2)その他、ウエダ印刷の責めに帰すべからざる事由により、当該商品に破損や傷が生じた場合

  1. 前項において、ウエダ印刷が当該商品を不良品と判断し、利用者が良品との交換を希望しない場合、当該商品の入金金額について返金処理をさせていただくものとし、返金にかかる振込手数料は、ウエダ印刷の負担とします。ただし、ウエダ印刷が良品との交換を行う場合、当該商品についての返金対応は一切7. 商品個別契約に関連して利用者が被った損害・損失に対して、ウエダ印刷の責任は直接的損害および通常損害に限るものとし、その原因の如何を問わず、当該損害の起因となった商品個別契約に基づく対価を超えて(事業機会の損失、データの喪失、逸失利益、その他間接的、派生的、付随的な損害に対して)

2018年08月09日 制定・施行

一覧

この記事にコメントする

CAPTCHA


製品事例